相続の用語説明

寄与分

 寄与分とは、法定相続人の者が被相続人の財産形成に寄与したと認められた場合に相続財産の一部を受け取ることができます。一般的には、寄与分は相続人の協議で決めるのが原則ですが決まらない場合は家庭裁判所で調停、審判で決めることになります。
被相続人の財産の維持、増加について例えば事業家業の労務提供、財産の給付、被相続人の療養看護で具体的に財産の提供をしたなど因果関係があると証明された場合に限ります。また、寄与分は相続人以外は受けることができなので相続人の配偶者が療養看護をしたと主張しても認められないので生前から遺言書などで対策しておく必要もあります。