相続の用語説明

共有について

遺産分割未了共有

親が亡くなった場合、その瞬間に親の不動産等の財産は法定相続人達に法定相続分所有権が移転し遺産分割未了共有(所有権以外は準共有)となります。


遺産分割方法

①指定分割

遺言があった場合→遺留分侵害がなければ確定します。

②協議分割

遺言がない場合→相続人全員と確定するための話し合い(遺産分割協議)で確定します。
※どのような分け方でも相続人全員が合意すれば有効です。

③調停(全員合意)・審判(調停不成立の場合)による分割

話し合いで、合意ができなかった場合は家庭裁判所に申し立てて、調停、審判で確定することになります。


遺産分配方法

①現物分割:土地や預金等の現物を分ける
②換価分割:現物分割が不可能な場合に不動産などをお金に換金して分ける
③代償分割:遺産を多く受け取る相続人が他の相続人に金銭(代償金)や他の財産(代償物)を払って分ける
※遺産分割協議書に代償金を明記しないと贈与税課税対象となるので注意が必要


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |