相続の用語説明

相続放棄(相続しない場合)

最初から相続人にならない場合は、相続を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し述べる。この場合は、単独でも手続きできますが、一度受理されたら取り消しできませんので慎重に行う必要があります。また、放棄したとしても財産を債権者、特別縁故者、国庫等に引き渡すまでは、管理責任がありますので特に不動産がある場合は注意が必要です。財産を使ったり隠したりした場合は、相続放棄はできずに法定単純承認となってしまいます。また、相続放棄した相続人の子は代襲相続人にとはなりません。遺留分の放棄は生前でもできますが、相続放棄は生前にはできません。


相続放棄と遺産分割協議での相続分の放棄では大きな違いがある

・相続放棄は、最初から相続人ではなくなることです。
・相続分の放棄は、プラスの財産の相続のみを放棄したことになるので相続人の地位は残り、借金や保証債務がある場合は法定相続分で相続されてしまします。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |