相続の用語説明

養子縁組とは

養子とは、「普通養子」と「特別養子」の2つの種類があり、養子縁組届が受付けられた日から養親の摘出子となり、実子と同等の相続権をもつことになります。普通養子は実親と養親の双方から相続をうけることができます。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |