相続の用語説明

代襲相続とは

親より先に子が亡くなった場合は、孫が子の地位を承継することです。
①相続廃除や相続欠格も代襲原因となります。
※相続廃除:被相続人に対して生前に、虐待・重大な侮辱・著しい非行があり、裁判所が申し立てに対して廃除を認めた場合は相続人になれない。
 ※相続欠格:遺言書を破棄や隠匿、偽造や変造したり、相続人の犯罪で相続が発生した場合、その者は相続できない。
②第3順位の兄弟姉妹の子が代襲相続する場合は甥・姪までに限る。
③相続放棄した相続人の子は代襲相続できない。
④代襲相続人が未成年者の場合は、遺産分割協議は家庭裁判所で選定された特別代理人が行う。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |