不動産コンサルティング

公認不動産コンサルティングマスターとは

 不動産に関する専門的な知識・技能を活用し、 公正かつ客観的な立場から、不動産の利用、取得、処分、管理、事業経営及び投資等について、不動産の物件・市場等の調査・分析をもとに、依頼者が最善の選択や意思決定を行えるように企画、調整し、提案する業務と定義され、また、宅地建物取引業とは別に独立した業務として報酬を得るためには以下の要件を満たさなければならないことになっています。

①依頼者に対し事前に見積書等により業務範囲・報酬等を説明し、報酬受領についての理解・納得を得ること。
②業務委託契約を締結し、契約書に業務範囲・報酬額等を明示すること。
③企画提案書等の成果物を交付し説明すること。